オフィスのコピー機、「リース」と「購入」はどちらがお得?

会社に必ずと言っていいほどあるもの、それはコピー機。規模の大小を問わず、ほとんどの事業所にあると思います。

コピー機を入れる際は、「リース」と「購入」の2通りあります。コピー機というものは、なかなかのお値段がします。会社で使うものですから、もちろん経費にしていくわけですが、リースにするか購入にするかで落とし方が変わってきます。ちょっとした悩みどころです。

そこで、コピー機の「リース」と「購入」はどちらがお得なのか、考えてみました。

リース

リースは、レンタルに似ています。

物件(コピー機)の所有権はリース会社にあるので、勝手に売ったり処分したりすることはできません。

リース代を全額損金にできる

月々のリース代金は、全額損金にできます。これがリースの最大のメリットでしょう。

「購入」の場合は減価償却の分だけしか損金にできないので、「お金払ったけどその年は全額経費にできない」という状態になります。場合によっては、これが苦しくなります。

枚数単位の課金がある(カウンター保守契約)

契約によりますが、プリンターのリースでは、カウンター保守契約を結ぶケースが多いです。

カウンター保守契約とは、トナー代が無料になる代わりに、1枚コピーしたらいくら~という契約です。「保守」と名が付いているように、メンテナンスも付いています。

通常のリース契約であれば、コピー機のトナー代まではリース料に含まれないため、トナーは自前で調達しないといけないのですが、カウンター保守契約であればトナーは無料です。(その分、枚数単位の課金となるわけですが)

リース契約を結ぶ際には、カウンター保守契約が付いているのかどうか、トナー代はどうなるのか等をしっかり確認しましょう。

購入に比べると総額で高くつく

単純な総支払額は、「購入」に比べて高くなります。リース会社を通す分、仕方ないところです。

中途解約は不可

リースはレンタルのようなイメージがあるので、途中で解約できるんじゃないか、なんて思われているかもしれません。しかし、リースは中途解約できません。ここ重要です。

契約期間が終わっても物件はもらえない

通常、リースの契約期間が終わっても、その物件の所有権はリース会社のままです。

なので、リース契約が終了後は、その物件を返すことになります。使い続けるためには再リース契約をすることになります。(再リース契約では、リース料が最初より安くなることが多いようです。)

所有権移転リースの場合は、リース期間満了後に客の物になります。

 

レンタルとの違い

リース会社が認めるリース適格物件が対象

どんな物件でもリースできるわけではありません、リース会社が認めているものに限られます。

長期間の契約で、中途解約は不可

リースの契約期間は数年に及びます。この間、中途解約はできません。レンタルのように「いらなくなったから返す」なんてことができません。

(レンタルであっても、中途解約の場合に違約金が発生することがあります)

物件は客側が管理

リースの場合、基本的なメンテナンス・管理責任は、物件(コピー機)を置いている会社側にあります。(メンテナンス・リースを除く)

基本的に新品

レンタルは基本中古ですが、リースは基本新品です。

リース会社が新品を購入して客側に貸す、という性質なので、そうなります。

ピカピカの新品が使える代わりに、中途解約ができないわけです。

購入

所有権はもちろん買った側にあります。ローンで買った場合は、完済した後に所有権が来ます。

損金にできるのは減価償却した分だけ

コピー機(複写機)の法定耐用年数は5年なので、大体毎年5分の1ずつ損金にしていきます。

支払った金額が丸々損金にできるわけではないので、最初はなんか損した感じですが、減価償却で最終的に残るのは1円だけなので、ほぼ全額損金になることはなります。

どっちが得か?と言われると・・・

あくまで一般論では、すぐに損金にできる「リース」、総額で安い「購入」。

支払い総額がちょっと増えても全額損金扱いを取るか、支払い総額を減らして減価償却の5年かけての損金にしていくか。

5年スパンで見れば「購入」の方がお得です。コピー機も手に入りますしね。

年単位の損金で見れば、当然リースの方がお得になることも考えられます。

他に「リース」でお得になるとしたら、メンテナンス付きのリース。利用状況によっては「購入」と変わらない、むしろ備品が安くセットで付いていてお得、なんてのもあります。ただ、購入よりもお得になるのか?と言われると、かなり難しいんじゃないでしょうか。お得になるとしたら、金銭以外の部分でですかね・・・。そこが何かはわかりませんが。

 

「購入」に比べ、「リース」は契約が複雑です。中途解約もできないので、「購入」よりも慎重にいかないといけません。

結論

一括で買えるなら買った方が得。

関連記事

特集

  1. 平成28年 確定申告受付期間目前!二度手間にしないための最終チェック

    2017年から新しくなる点 2016年にマイナンバーが発足されてから初めての確定申告になる…
  2. 平成28年度確定申告が変わる!マイナンバー制度導入初年度はこうなる

    平成28年度確定申告が変わる!マイナンバー制度導入初年度はこうなる マイナンバー制度が適用される初…
  3. クラウド会計ソフトの選び方~おすすめランキング~

    確定申告の必須アイテムとも言えるべき会計ソフト。数年前までは弥生会計などのソフトを買ってきてPCにイ…
ページ上部へ戻る