自分の情報をチェック!マイナポータル

マイナンバーに関する自分の情報をいつでもチェックできる、専用ポータルサイトが開設されます。名称はマイナポータル。オープンの時期は平成29年1月ごろとなっています。

自分の情報を確認できるのはもちろんのこと、いつ誰が、何のために、自分の情報を照会したのかという履歴も確認することもできます。これにより、自分のマイナンバーや個人情報が勝手に閲覧されたり不正に流通していないかのチェックが可能になります。

マイナポータルの主要3業務

情報提供等記録表時業務

自分の特定港人情報を、いつ誰が、なぜ情報提供したのかを確認する機能

事故情報表示業務

行政機関などが持っている自分の個人情報について確認する機能

お知らせ情報表示業務

行政機関などからのお知らせを表示する機能

利用には個人情報カードとカードリーダーが必須?

マイナポータルは自宅のパソコンから利用することができます。が、ログインするためにはちょっと手間が必要で、個人番号カードの機械的な読み取りとパスワードを組み合わせた公的個人認証になるようです。機械的な読み取りということは、いわゆるカードリーダーが必要ということです。e-Taxを利用しているなどで既に持っている人はいいですが、わざわざこのためにカードリーダーを買うのもな・・・という気はします。

ただ、パソコンを持ってない人や個人情報カードを取得していない人(通知カードのままの人)のために、公的機関に端末が設置されたり、書面での開示請求も予定されています。

自分の情報がどのように登録されているのか、一度は見てみたいですね。

将来的には電子私書箱機能も?

マイナポータルには、マイナンバーに関する情報だけでなく、「電子私書箱を組み込む」という構想があります。

電子私書箱・・・というと難しそうですが、今現在、地方公共団体や保険会社などから郵送で送られてきている数々の書類が、データで送られてくるようになる、ということです。

マイナポータルに自分専用のメールボックスが設置され、そこに控除証明書や各種支払い証明書などが送られてくる、というと分かりやすいでしょうか。実現したら便利ですね。

よく、確定申告の時期になって「あれ?控除証明書どこにいった?」といったドタバタも、電子私書箱なら無問題。パソコンからいつでも見れますし、提出の必要もなくなってきます。ただ、間違って削除とかしたらどうなるのかは気になるところですが・・・。

便利な世の中になるといいですね。(^^)

関連記事

特集

  1. 平成28年 確定申告受付期間目前!二度手間にしないための最終チェック

    2017年から新しくなる点 2016年にマイナンバーが発足されてから初めての確定申告になる…
  2. 平成28年度確定申告が変わる!マイナンバー制度導入初年度はこうなる

    平成28年度確定申告が変わる!マイナンバー制度導入初年度はこうなる マイナンバー制度が適用される初…
  3. クラウド会計ソフトの選び方~おすすめランキング~

    確定申告の必須アイテムとも言えるべき会計ソフト。数年前までは弥生会計などのソフトを買ってきてPCにイ…
ページ上部へ戻る