地震保険料控除

地震保険料控除は最高5万円

地震保険は、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する、地震災害専用の保険です。地震保険の控除額は最高5万円です。

地震保険料控除には、地震保険のほか、旧長期損害保険も対象に含まれています。

旧長期損害保険とは、平成18年以前に契約した長期損害保険等で、保険期間が10年以上あり、満期返戻金が支払われる保険のことです。旧長期損害保険の控除額は最高で1万5千円です。

地震保険と旧長期損害保険と両方ある場合は、それぞれの控除額と合計し、トータルで最高5万円までが地震保険料控除として認められます。

控除額の計算式

支払金額 控除額の計算式
地震保険 1円以上 全額控除
旧長期損害保険 1万円以下 全額控除
1万円超~2万円以下 支払保険料×1/2+5千円
2万円超 一律1万5千円

地震保険料控除証明書に、その保険料が地震保険なのか旧長期損害保険なのかは記載されているので、それに従って計算して書き入れていくことになります。

1つの契約が地震保険にも旧長期損害保険にも該当する場合は、どちらか一方の区分を選んで控除額を計算します。ただ、上の表のとおり、地震保険なら全額控除になって控除額も5万円まであるので、地震保険扱いにしておけば損はないですね。

申告するときの注意点

申告の際には地震保険料控除証明書を添付します。生命保険料控除と同じく、生命保険料について年末調整で控除してあった場合は、控除を2重で受けることになってしまうため、確定申告で控除に入れることはできません。

関連記事

特集

  1. 平成28年 確定申告受付期間目前!二度手間にしないための最終チェック

    2017年から新しくなる点 2016年にマイナンバーが発足されてから初めての確定申告になる…
  2. 平成28年度確定申告が変わる!マイナンバー制度導入初年度はこうなる

    平成28年度確定申告が変わる!マイナンバー制度導入初年度はこうなる マイナンバー制度が適用される初…
  3. クラウド会計ソフトの選び方~おすすめランキング~

    確定申告の必須アイテムとも言えるべき会計ソフト。数年前までは弥生会計などのソフトを買ってきてPCにイ…
ページ上部へ戻る